さきるかのSHIMANEザウルス闊歩道

そういえば最近、普通のブログって見ないよねえ! だれかに会ったとか何食べたとか。普通の日記風ブログいいかも〜。だれかの「くすり。」に #人生コメディ

農業を続ける上で課題になってくる最大のリスクは何だ?

 

コニツワ〜!

札幌なうのさきるかだす〜n

だいすきなお友達に会いに来ております。

さきるかは人に会うためじゃないと大移動しません。
観光とかにあまり価値を感じてないです。18時間の滞在でも人に会うために海外に行ったりします。(ただし金はない。ただし島根から青森に帰るより海外に行くほうが安い。実は国内移動が一番コスパ高い。)これを語り出すと止まらないし相当おもしろい話ができそうなんだけど、今日はそれは置いておきます。
参照:さきるかFacebook限定公開アルバム「さきるかの 世界のSHIMANEを巡る旅」

 

さーて今朝のさきるかのさやけきささやきは、

kobun.weblio.jp

おしながき

農家のリスクを一緒に負いたい

究極私が何をしたいかって、農家さんとともに走る併走者になりたいんだ

本当にまっすぐな気持ちで農業を愛してる農家さんのために私は私の人生の時間を使いたい。

農業を続けていけない要因が農業以外に多すぎる現状を変えたい。

農業自体はまだ好きなのに、農業以外の苦痛が大きすぎて辞めざるを得ない環境を変えたい。

農業だけじゃ食ってけないって言う人がいない世界をつくりたい。

だよね?

こういう人に私はなりたい。賢治。

 

https://59cd2a128650a97966673f22a9acf39d.cdnext.stream.ne.jp/img/profile/40000021.jpg

小学生のときに流行ったなあ「私だよ!!!」

 

農家のリスクってなんだ?仮説

だがしかしそれがあまりわからない、ので仮説を立ててみた。

 

 

この仮説が本当だとして、

 

 月額は仮に、だけど、これは保険みたいなことかなあ。農家の月額は何に対して支払われていることになるんだ?(自分で考えといて混乱。数字にがて意識強め)

ここはもう少し考えなきゃいけない

 

なにより大事なのは、これで本当に農家さんが喜んでくれる仕組みか?ってこと。

 

さきるかの感覚としては

これなんだけどなあ

 

 

今までしてきたこと/これから

思えば農業と関わるきっかけになったイベントに参加したのが、大学2年の冬が2015年。

それまで農業とは無縁の生活をしていて、農業に対するイメージは「泥臭い」「ダサい」「田舎臭い」と最悪だった(ほんとここで公言してしまうさきるかが最悪だよ)
 でも

「規格外の野菜をどう加工・販売するか」ってイベントに参加して
 はじめて[規格外野菜の存在]を知って
「規格外の野菜、見たことないから見てみたい!たぶんそういう消費者多いと思う!」って発表して隣に座ってたがっちゃんとベジ市やってみることになって...

 

2018年、年末。世界で一番尊敬する職業:農業。

自分がこんなことを発信していることに驚きだわ。激変だわ、情緒不安定かよ、実家の両親が一番野菜嫌いな私を知ってるからそらもう心配してるわ。「あんたほんとうにうちの子!?」状態だわ。来年にはどんなんになっちゃうの?!不安よりワクワクが大きい。......強がってないもん。

根本的に、高校・大学時代、私がずっとコンプレックスだったのは自分に個性がなくて、能力がなくて、「好き」を理由に何か行動することができなかったこと。

それが、「自然が好きで、農業が好き」まっすぐな気持ちで農業と向き合っている農家さんたちに惹かれて、もっと、農家さんがやりたい農業を体現してキラキラできる世の中になったらいいなあと考え始めた。

その形がわからなくていろいろ苦しんだ期間も長かったけど、今は、なんとかなりそう、ってホープフル。
やっぱり私は、家がなくなったとしても、人に指さされて笑われても、
尊敬する職業の農家さんに自分の人生を捧げたい。

その時の間に合わせではなくて、本質的に農家に必要とされて次代に残ることがしたい。

今まで、

農家の困りごとはなんなのか、調査して仮説と検証を繰り返すステップだったんだと思う。やっと、農家のイロイロが2%くらい、ちょみっと、垣間見れるようになった。車を得たのが大きい(車はやく買っておけばよかったなあ。んで、友達とカーシェアして稼ぎたい人生だった)。これからも、この「調査期間」は一生続くと思う。だって私が世界で一番尊い仕事・農家になれる将来なんて想像できないから。当事者には一生なれない。でも、世界で一番尊い仕事「農業」の課題ゼロをずっと、追求していきたい。

これからは、
調査に加えて、並行していろいろな具体的な行動をしていくフェーズに入ってきた気がする。「本質的に農家の働き方を支えるとはなにか」を実証していくフェーズ。

仲間がいない孤独だと嘆いていたけど、仲間なら、いつかできる。
信念を持っていれば。

↓私のお気に入りのTED動画。英語の発音もはっきりしてるのでシャドーイングの教材にもおすすめ。
さて、誰がファーストフォロワーになってくれるだろうか。おいで変態。笑

www.ted.com

 

まずは、行動。

次の一手はどうでるか。

 

 

まあ、どうにかなるでしょう!

 

 

 

 

Bon voyage!